学校概要

平成13年 4月 県北地区では2番目に総合学科に改編し、総合学科第1期生7学級280名が入学。

総合学科とは…

「総合学科は、普通教育を主とする学科である「普通科」、専門教育を主とする学科である「専門学科」に並ぶものとして、平成6年度から導入されたものです。  

総合学科で行われる教育の特色として、

幅広い選択科目の中から生徒が自分で科目を選択し学ぶことが可能であり、生徒の個性を生かした主体的な学習を重視すること。
将来の職業選択を視野に入れた自己の進路への自覚を深めさせる学習を重視すること。
などが挙げられます。

本校では、「きみの夢が動き出す」を掲げ、以下の4系列(平成31年度入学生より)で生徒一人一人が「夢実現」に向けて学んでいます。

〇文理総合系列 ・・・ 「大学、短大、看護医療系分野への進学や公務員受験を目指す」

〇教養文化系列 ・・・ 「幅広い教養文化を学び、それぞれの進路実現を目指す」

〇生活総合系列 ・・・ 「保育、食物、福祉分野への進学や就職を目指す」

〇情報ビジネス系列 ・・・ 「商業、情報系の資格を取得し、就職や進学を目指す」


 

 必修科目を中心に高校の基礎を学びます。

【産業社会と人間】では、地域理解学習、自己理解と進路を考えることを中心に活動します。

様々な講演会や会社に出向いての「職業インタビュー」、上級学校を見学します。

 

 あなたの「夢や目標」をもとに、週に半分の科目を選択します。1年次の学習をもとに基礎の定着を図ります。

【総合的な学習の時間】では、自己理解と進路探求を継続し、3年次の準備となる「課題研究」に取り組みます。

 あなたの「夢や目標」の実現に向けた最終段階です。

週に約2/3の科目を選択し、基礎から応用へと学習を進めます。進学に対応した課外にも取り組みます。


総合的な学習の時間】では、3年間のまとめとして、課題研究に取り組みます。

課題研究の設定テーマ例

 ・広告が与える影響

 ・ペットと人間のかからわり

 ・世界の民族衣装とデザインについて

 ・加齢に伴う眼の変化と眼疾患について

※これらの研究テーマは、毎年12月に研究の成果として発表する『総合学科学習発表会』があり、優秀者は翌年1月に開催される県大会に挑みます。


トップページに戻る